活動

国際コンファレンスにて

2014.1.27

インドネシア金融庁のムリヤマン・D・ハダド理事長をはじめアジア各国の参加者をお迎えし、アジアの経済成長に望ましい金融システムについて議論が行われることは大変意義深いものである。
我が国は、国際的な金融センターとしての蓄積、我が国自身の金融の歴史から得られた教訓、そして様々な国際会議において金融規制改革の議論に参画してきた経験を踏まえ、アジアの一員として、アジアと共に金融・資本市場を発展させていくことを目指している。中国及び韓国は重要な隣国であり、タイ、インドネシア等のアセアン諸国や、インドなど海を通じて接する国々との結びつきは引き続き極めて重要である。金融行政の運営手法などに関する知見や情報等の共有を通じて連携を強化していきたいと挨拶しました。