活動

財務局長会議にて

2014.4.24

アジア諸国、新興国への金融技術支援であるが、金融庁においては、各国の金融インフラの発展状況に応じて、ソフト面・ハード面のインフラ整備支援、金融行政の運営手法などに関する知見の共有といった技術支援メニューをパッケージで提供していくこととしており、金融面での国造りに貢献するとともに、日本企業、日本の金融機関の活動の円滑化に努めているところである。アジアの金融当局との連携強化の拠点として、今月末を目処にアジア金融センターの設置を予定している。
経営者保証に関するガイドラインについては、ヒアリング等の機会を通じて、金融機関によるガイドラインの積極的な活用を促すとともに、その活用状況の把握に努めていただきたい。各財務局長においては、国民に信頼される金融行政の遂行に向けて全力を尽くしていただくよう希望していると挨拶しました。