活動

地方消費者行政活性化基金について 参・消費者特別委員会にて

2014.3.18

加藤敏幸委員
地方消費者行政活性化基金は使い勝手の良さなどの利点については議論されているが、消費者庁としては、これまでの経過を踏まえ、どのように評価しているのかと質問がありました。

岡田副大臣
消費者の安全・安心を確保するには、地方消費者行政の充実強化を図ることが重要である。本基金は、地方公共団体が地域のニーズに応じて事業メニューを選択できる方式を採用しており、消費者庁が実施する地方消費者行政の現況調査により地方における取組みの成果を毎年確認している。今後とも時々の行政ニーズや地域の状況も踏まえつつ、基金の運用については適切な評価、改善に努めていきたいと答弁しました。