活動

  • ホーム
  • 活動
  • 原発作業員の住環境・労働環境の改善について

原発作業員の住環境・労働環境の改善について 参・内閣委員会にて

2014.3.27

江口克彦委員
福島事故処理のため東電社員や下請け等の作業員の方々はまさに日夜奮闘されている。福島の復興のためにも原発作業員の住環境・労働環境の改善を早急に図るべきではないかと質問がありました。

岡田副大臣
政府としては「廃炉措置等に向けた中長期ロードマップ」において、過酷な状況の中で少しでも働きやすい環境を整備するため、作業員の作業安全管理、放射線管理、健康管理等に継続的に取組むことを定め、経産省において、その進捗を確認していると承知している。福島第一の廃炉作業は長期にわたる作業であり、今後とも、廃炉・汚染水対策が適切に進むよう関係省庁に働きかけてまいりたいと答弁しました。