活動

金融商品取引法等の改正について 衆・財務金融委員会にて

2014.5.9

坂元大輔委員
インターネットを通じて多数の者から少額ずつ資金を集める仕組みのクラウドファンディングについてであるが、海外の悪質な事業者又は詐欺グループ等に送金してしまうと、被害回復が大変難しい。金融庁の対応を伺いたいと質問がありました。

岡田副大臣
これまでも海外業者を含め、登録業者については、投資者の保護のうえで重大な問題が認められた場合には、行政処分等を行って、その旨を公表し、無登録業者に対しては警告書を発出するなど投資家に対する注意喚起を行ってきた。また、国境をまたがる事案に対応するため、海外当局に対して、海外業者の業務実態等に関する情報収集・提供を依頼するなど、証券取引等監視委員会とともに、海外当局との機動的な連携を図ってきたところである。今後とも投資家に対する注意喚起や海外当局との連携に一層努めていくと答弁しました。