活動

反社会勢力との金融取引排除について 財務局長会議にて

2013.10.31

みずほ銀行がグループの信販大手オリコを通じた暴力団員らへの融資を放置していた問題を受け、金融庁で全国財務局長会議が開かれました。
地域経済において重要な機能を有する地域金融機関においては、業務の公共性を十分に認識し、コンプライアンスを厳格に尊守し、健全かつ適切な業務運営が求められている。おろそかになれば顧客との信頼関係を阻害する大きな問題につながりかねない。
経営陣を含めた組織全体で反社会的勢力を強い意識で取引から排除するように努め、安心・信頼を確保することが重要である。
各財務局長においては反社会勢力との関係遮断に向けた取組みを徹底していただきたいと麻生大臣に代わって発言、要請をしました。