活動

  • ホーム
  • 活動
  • 農業用機械の補助と農地等の復旧について対農林水産省副大臣

農業用機械の補助と農地等の復旧について対農林水産省副大臣

2012.6.15

今回の竜巻では農業に大きな被害をもたらした。ハウスの建て替えや修繕等には補助がでることになったが、農業用機械、トラクター、コンバイン等は補助対象になっていない。農業を行なう上で必要なものなので、こちらも補助対象に加えていただきたい。
また農地にはガラス片が飛散し表土の入替えを行なってから農業を再開することになるが、どの程度まで復旧すれば耕作に支障を生じなくなるのか、その復旧基準を国で策定していただきたいと発言し、国の見解を求めました。
共済金の早期支払い等の既存の対策に加えて、災害関連資金の無利子化、農業用ハウス等の再建、修繕への助成をする。被災した農業用機械の購入等に当たっては、この無利子の災害関連資金の活用が可能となった。
ガラス片が混入した農地の復旧事業については一か所当たり四十万円以上を要する箇所につき対象とすることとしており、現地の状況に即し、表土の入替え、土壌からのガラス片のふるい分け等を行い元の状態に戻すことを基本としている。地元のご意向を十分踏まえ臨機応変に復旧に取り組んでいく考えであると答弁がありました。