活動

  • ホーム
  • 活動
  • 復興基金、復興交付金について対平野復興担当大臣

復興基金、復興交付金について対平野復興担当大臣

2011.10.06

東日本大震災復興特別委員会
原発事故による旅行意向に係る意識調査によると、旅行を一番に敬遠されているのが福島県で、その次は茨城県である。風評被害については福島県の被害等が明確になっていないが現在は茨城県が一番である。これを見ても今回の大震災の被災地は東北3県だけでなく、茨城県を入れての被災4県という認識をお願いしたい。
過去のジェー・シー・オー事故では当時の梶山静六官房長官の政治決断で百億円の原子力交付金をつくってもらい、県民の健康対策や風評被害等に使った。風評被害対策や地域振興対策等に活用できる使途の自由な原子力交付金を創設してほしいと平野達男復興担当大臣に要望質問しました。