活動

原子力安全委員会について

2011.04.14

内閣委員会
今回の原発事故で原子力安全委員会の姿が見えない。チェックする立場の原子力安全委員会が「高濃度放射性物質の汚染水の処理についてどんな形で処理できるか知識を持ち合わせていない。原子力安全・保安院で指導してほしい」と発言していては、国民を不安にさせているだけである。
また汚染水の排出について事前に関係各国をはじめ、漁業関係者には知らされていなかったことについて枝野官房長官に対し、政府の連絡体制の不備、初動の遅れを指摘しました。