活動

保護司の補償制度について

2011.03.11

決算委員会
22年7月茨城県桜川市の保護司が保護観察中の少年によって放火され家屋が全焼するという事件が起きた。これまでも補償制度の見直しと今回の事件を受けて新たな補償制度の確立を図っていただきたいと県保護司会と要望を行ってきたと発言し、江田大臣の考え方を尋ねました。
安心して保護観察等に従事してもらえるよう物的被害あるいは保護司以外の人に損害が起きた場合等について保護司連盟の皆さんとの合意を早急につくりあげて予算出動も考えていきたいとの答弁があった。