活動

少子化社会対策基本法について

2009.11.05

*小児救急医療体制の充実について
母子保健医療体制の充実の施策のなかで、小児救急医療体制について質問に立ち、平日・休日夜間医療体制の整備や小児科医師の養成等についての充実を要望しました。

*保育サービス等の充実について
少子化社会対策基本法のなかでも、保育サービス等の充実がうたわれているが、三位一体の改革のなかで、、保育園に対する補助金の一般財源化を進めることが盛り込まれています。
骨太方針のなかで18年度までに決めるということで先送りになったが、これを進めることは、保育サービス等の充実に逆行しており、サービスにも市町村の格差がでてくるということになります。
多様な需要に対応した良質な保育サービス等を充実するためにも、保育サービス等の低下を招かないよう要望しました。